バカラの基本ルール

ここに画像入れる

基本的にルールは簡単でプレイヤーが勝つか、バンカーが勝つか
を予想するだけの、単純なものです。最初にディーラーがカードを配りますが、配るのも、カードをめくるのも全てディーラーがするため、プレーヤーはチップを賭けて座るだけ。
1ゲーム1分かからず終わり、勝てば利益は一気に2倍にも増えるのもこのゲームの魅力です。

ここに画像入れる

カジノのサイトに行きバカラゲームを見つけたら、それをクリックしましょう。
ここに画像入れる
次に始まるゲームでバンカーかプレイヤーのどちらが勝つのかを予想します。プレイヤーのあなたは、自分がどの人が勝つのかと予想をします。「バンカー」「プレーヤー」「引き分け」のどれかにベットするだけでゲームは開始します。プレーヤー全員が賭けるのを終えたら、それから勝敗をかけます。賭けたうちの3つの人のどれが数字の9に近いかを予想してチップを置くだけと至って簡単。またバカラではプレーヤー(お金を賭けている自分のこと)をプレーヤーとは呼びません。一度チップを置いたら、あとはディーラーがゲームを始めてくれます。自分が選んだ人のカード数が9に近いかどうかだけが気になるポイントです。また、テーブルゲームの中でもバカラはブラックジャックやポーカーと全く違い、簡単すぎるため、勉強をしたり、何かを覚えたりする必要もありません。

ここに画像入れる
バカラのゲームの流れはプレイヤーに1枚、バンカーに1枚の順でカードを配り、続いてはまたプレイヤーに1枚、バンカーに一枚という順番でカードが配られます。2枚のカードの合計が8か9だったらナチュラルとなり、その時点で勝敗決定。8と9の対決の場合、9が勝ちです。

バカラはではプレイヤーのカードに応じてバンカーが最後にカードを引くというルールです。上、バンカーの方が若干有利になるようになっています。よって100%フェアプレイとは言えませんね。確率で言えば、50.685%対49.315%という差があります。ということで、バンカーに賭けて当たった場合、そこからコミッションが惹かれます。およそ5%なので100円をかけた場合、95円の勝ちになります。反対にプレイヤー側の配当は100%で100円賭けた場合は100円の勝ちとなります。なので簡単です。ちなみにタイに賭けることもできます。タイとは同点を意味します。そして配当は8対1なので100円賭けたら800円の勝ちとなります。

ここに画像入れる
それではシンプルです、ゲームのおさらいです。座席の前にある、「プレイヤー」「バンカー」と書かれたエリアを確認します。これのどちらが勝つかを予想して、チップを置きます。オンラインカジノの場合は当然カーソルで、矢印をどちらかのエリアに移動してBETします。

シンプルですが、一番大事なことはカードを配られた2枚の合計の数字の下一桁が9に近い人の勝ちということだけです。
9が最強で9に近ければ近いほどあなたにとって有利です。とにかく9に近く!9に近く!これだけを唱えて賭けをしましょう。

カードの数え方

ここに画像入れる
バカラは見てるだけで勝手にゲームが進んでいくので、最初は味気がないと思うかもしれませんが、シンプルだからこそ、簡単にプレイできます。覚えておくべきことはカードの数え方くらいでしょうか?カードの合計の1の位をまず数えて、数字は下一桁で数えるので、例えばカードの合計が18の場合、下一桁の数字だけを見るので、8と数えます。バカラで数字を数える場合、「2」から「9」はそのままです。「10」「J」「Q」「K」は0とカウントします。「A」は数字の1とカウントしてください。

A=1点

10,J,Q,K =0点

2〜9=表示通りの数字

前述しましたように、点数を足した時に二行になった場合は、下一桁が対象となるといいました。よって数字の「9」と「9」だった場合は合計が18、よって下一桁の数字だけを見るので8が数字となります。または配られたカードが「A」と「10」と絵札の合計の点数の場合は、「1+0+0=1」なので合計の数は1になります。